<< 銀座で日記を書くつもり | main | 銀座で笑いを感じる >>

銀座で両親を失って

銀座した作家、三浦亜弥子
小学生時に運動会の昼食時間がいつも覚えていて、私が両親を失ってしまったら、私は泣くつもりです。

私の周りの暖かい家族の雰囲気を見ながら、私はおばあちゃんのおにぎりを木の下で食べていました。


胃がんの終わりに筆が握れないところで、執筆していた夫はいつもそれを言った。

近くの死に涙を流して静かにする時間があるとき、

当時、
銀座は泣くのを止めるまでまだ待っていたと言った。


あなたはあなたの背中にそれぞれの気持ちで生きていきます。


笑顔を超えて


銀座は泣いています


がある。


私が泣きたいとき


あなたは泣いてください。

土日休みじゃない人と銀座で出会い体験

 

| - | 02:11 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--