<< すでに銀座では決めていることをやっている | main | 銀座では恋している必要があります >>

人生は銀座では望みどおりに行かず

1950年代アメリカでは、この銀座は、さまざまなジャンルのさまざまなジャンルのデザイナーが計画されている陳腐化技術(注3)を改良するために、こうした婦人服業界の銀座を採用したため、すべてのジャンルに拡張されました。それは完全に愚かです。

この世のものがすべて自由になると、人々は最終的に贅沢を何に見出すでしょうか?私はそう考えると、重要なことはぼやけていると思う。

人生は望みどおりに行かず、すでに失敗しています。緊急時が過ぎるとすべてを捨てる良い機会です。あなたは日照を維持する必要はありません、礼儀を考える必要はありません。世界のお楽しみ会の本質を知らない人たちからあなたが「狂っている」と言われても、「変態」と呼ばれても、「銀座を通さなくても」、言わせてもらえますか?賞賛されるべきことがあっても、私はもはや聞いていません。

小林第112期 - 鶴かがみ(吉田佳代郎、渥美敏明翻訳)
人間の価値は

絶望的な敗北に直面して、

銀座オーラムで出会いたい

| - | 17:37 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--